会津若松城



会津若松城の歴史を訪ねる。
P1000894.JPG


☆ようこそ!鶴ヶ城公園へ
P1000910.JPG


鶴ヶ城歴代城主家紋
P1000886.JPG


石垣
P1000889.JPG



P1000912.JPG


天守閣
P1000896.JPG


本丸跡
P1000895.JPG


鉄門
P1000902.JPG


走長屋
P1000901.JPG


鐘撞堂
P1000885.JPG



井戸
P1000904.JPG


鶴ヶ城案内板
P1000883.JPG



「若松城」
通称: 鶴ヶ城、会津若松城、黒川城

城郭構造: 梯郭式平山城

天守構造: 望楼型7重不明(1593年築)
      層塔型5重5階地下2階(1611年改)
層塔型5重5階(RC造 1965年再)

築城主: 蘆名直盛

築城年: 1384年(南朝:元中元年、北朝:至徳元年)

主な改修者: 蒲生氏郷、加藤明成

主な城主: 蘆名氏、伊達氏、蒲生氏,上杉氏、加藤氏、松平氏・保科氏

廃城年: 1874年(明治7年)

遺構: 石垣、土塁、堀

指定文化財: 国の史跡

再建造物: 天守・門・櫓・長屋


若松城は旧市街地の南端に位置し、郭内(武家屋敷)と町屋敷が外濠で隔てられ、

さらに郭内の内側に内濠を有する梯郭式の平山城である。城跡は都市公園鶴ヶ城

公園となっており、そのほとんどが国の史跡に指定されている。史跡外の三ノ丸

跡には陸上競技場、市営プールおよび福島県立博物館がある。また、再建された

天守は若松城天守閣郷土博物館として利用されている



日本の「城」巡りTOP



posted by oojijisun at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。